ビーバー、また10K登板で歴史を作る

レッズ戦で新たな大リーグ新記録を打ち立てたインディアンス・ビーバー投手の記事からです。



According to the Elias Sports Bureau, Bieber became the first pitcher to record at least 10 strikeouts in each of his first four starts of a season since 1893 in the Indians’ 6-3 victory over the Reds at Great American Ball Park on Sunday. And even though he had 13 K’s in eight innings, Bieber said he had no idea he had that many when he walked off the mound.

記録会社「エリアス・スポーツ・ビューロー」によると、ビーバー投手は日曜日にグレートアメリカン・ボールパークで行われた、インディアンスが 6 対 3 でレッズに勝った試合で、1893 年以来、シーズン開幕から 4 度先発した各試合で少なくとも 10 奪三振を記録した初の投手となった。またビーバー投手は 8 回を投げて 13 三振を奪ったというのに、マウンドを降りたとき、それほど多くの三振を奪っていたとは思わなかったと語った。

strikeout 名 ②(投手が奪う)三振(記号 K;《略》 SO;= K ②; punchout): get twelve strikeouts in one game(1 試合で 12 三振を奪う) 『ベースボール英和辞典』,370頁

start 名 ② 先発登板: pick up one's first win in four starts(4 回先発して初めて勝利投手になる) 『ベースボール英和辞典』,365頁

season 名 レギュラーシーズン 《開幕から 162 試合が終了するまで;この後プレーオフ(地区優勝決定戦とリーグ優勝決定戦)およびワールドシリーズが行われる》. 『ベースボール英和辞典』,344頁

K 名 ② = strikeout ② 《複数形は K's》. 『ベースボール英和辞典』,254頁

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント