MLB史上最強の晩成型選手(13)

晩成型の選手をポジション毎に紹介する記事からです。

Starting pitcher: Chris Carpenter
Taken 15th overall by the Blue Jays in the 1993 MLB Draft, Carpenter recorded a 4.83 ERA over his first six seasons with Toronto and was released after undergoing right shoulder surgery in September 2002. He subsequently signed with the Cardinals and was able to make it back to a big league mound in '04, going 15-5 with a 3.46 ERA (122 ERA+) in 182 innings as a 29-year-old. Carpenter won the NL Cy Young Award in '05 and earned a third-place finish in ’06, when St. Louis won the World Series. He underwent Tommy John surgery the following July and was sidelined for almost all of '08, but he made another improbable comeback in ’09 (NL-best 2.24 ERA, 182 ERA+), then put up a 3.33 ERA (114 ERA+) over 472 1/3 innings across ’10 and '11. After throwing a two-hit shutout on the final day of the 2011 regular season to help the Cards clinch the NL Wild Card, Carpenter outdueled the Phillies’ Roy Halladay with a three-hit shutout in Game 5 of the NLDS and won Games 1 and 7 in the World Series -- all at age 36.



先発投手: クリス・カーペンター
1993年の大リーグドラフトでブルージェイズから全体15巡目に指名され、カーペンターは最初の6シーズンをブルージェイズに在籍して防御率4・83を記録して、2002年9月に右肩の手術を受けてから解雇される。その後カージナルスと契約して04年に大リーグのマウンドに復帰できた。その年は29歳で182イニングを投げて15勝5敗、防御率3・46(122ERA+)を記録した。05年にはナ・リーグのサイ・ヤング賞を勝ち取り、カージナルスがワールドシリーズで優勝した06年には同賞投票で3位に入った。翌年7月にトミー・ジョン手術を受けて08年は登録メンバーからほぼ外れていたが、09年にまさかと思われる復活を再び遂げて(ナ・リーグ最高の防御率2・24、182ERA+)、10年から11年にかけて472回1/3を投げて防御率3・33(114ERA+)を積み重ねる。2011年のレギュラーシーズン最終日に2安打完封してカージナルスがナ・リーグのワイルドカード枠を獲得するのを手助けすると、ナ・リーグの地区シリーズ第5戦ではフィリーズのロイ・ハラデーとの投手戦を3安打完封で制し、ワールドシリーズでは初戦と第7選に勝利を飾った。これらすべてを36歳で成し遂げた。

big league = major league ① 『ベースボール英和辞典』,131頁

major league ① メジャーリーグ 《ナショナルリーグ又はアメリカンリーグ;= big league》. 『ベースボール英和辞典』,272頁

mound 名 ① マウンド 《直径 18 フィートで、高さ 10 インチ以内;= pitcher's mound; pitcher's box; launching pad ②; turtleback》: take the mound(登板する)/be good on the mound(〔投手が〕 好調である)/single to the mound(ピッチャー強襲のヒットを打つ) 『ベースボール英和辞典』,279頁

go 動 ①登板する、マウンドに立つ: go four innings(4 イニングを投げる[投げて降板する])/go 5 - 0 over six starts in July(7 月に 6 回先発して 5 勝 0 敗の成績である)  『ベースボール英和辞典』,218頁

Cy Young Award サイ・ヤング賞 《通算最多の 511 勝をあげた Denton True "Cy" Yound の名にちなむ最優秀投手賞;⇒ 百科 12-(2)》. 『ベースボール英和辞典』,173頁

World Series ワールドシリーズ 《両リーグの優勝チーム間で行う;米国野球の最優秀チームを決める 7 回戦制(先に 4 勝した方の勝利)で行うシリーズ》:make it to the World Series(ワールドシリーズに出る) 『ベースボール英和辞典』,411頁

sideline 動 〔選手〕 を一時的に出場させない 《軽いけが,病気などのため》: Martinez was sidelined for a sore shoulder.(マルティネスは肩痛のため戦線を離脱した) 『ベースボール英和辞典』,352頁

shutout 名 ①完封,シャットアウト. 『ベースボール英和辞典』,351頁

regular season レギュラーシーズン 《162試合を行う地区優勝を争うシーズン》 『ベースボール英和辞典』,328頁

clinch 動 ① 〔勝敗数に基づき最終順位〕を確定する;〔優勝など〕 を勝ち取る: clinch the best-of-five series(5 番勝負(先に 3 勝した方の勝ち)に勝利を収める)/The Braves clinched their 11th streight title.(ブレーブスは 11 連続優勝を達成した)/clinch the NL pennant [East division](ナショナルリーグ [東地区] の優勝を勝ち取る) 『ベースボール英和辞典』,158頁

outduel 動 〔相手投手(たち)〕 よりいいピッチングをする(= outpitch). 『ベースボール英和辞典』,297頁

shutout 名 ①完封,シャットアウト. 『ベースボール英和辞典』,351頁

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント