これが球団史上最強左腕だ(15)

各球団の最強左腕を紹介する記事からです。

Rockies: Jorge De La Rosa (2008-16)
Key fact: De La Rosa leads all Rockies pitchers in wins (86) and strikeouts (985)
De La Rosa has the highest bWAR (15.5) among Rox lefties and is third on the list for any pitcher in club history. Much of his career with the club (2008-16) came in lean years for the franchise, but his 86 wins and 985 strikeouts are tops in club history. De La Rosa missed much of 2011 and ’12 because of Tommy John surgery, but he returned in ‘13 for his best year -- 16-6 with a 3.49 ERA in 30 starts. Even with the missed time, De La Rosa’s 200 starts rank second in club history behind Aaron Cook’s 206. Rockies top 5 >

ロッキーズ: ホルヘ・デラロサ(2008~16年)
主要な事実: デラロサは勝利(86)と奪三振(985)で全ロッキーズ投手をリードしている
デラロサはロッキーズ左腕投手のなかでも最高のbWAR値(15・5)を保持し、球団史上でも全投手中の3位に位置する。在籍期間がほぼ球団の低迷期に重なるが、86勝と985奪三振は球団トップである。トミー・ジョン手術のため2011年と12年をほとんど欠場するが、13年に復帰して最高の年にした。30試合に先発して16勝6敗、防御率3・49を記録した。欠場期間があっても、200度の先発はアーロン・クックの206度に次ぐ球団2位にランクされる。ロッキーズの上位5投手はこちら >

lefty 名 左利きの投手;左投げ[左打ち]の選手,左腕投手;(= leftie; ⇔ righty). 『ベースボール英和辞典』,262頁

club 名 ①球団. 『ベースボール英和辞典』,160頁

franchise 名 ②チーム,球団,《所属するマイナーリーグのチームも含めていう》: hit the most double in franchise history (球団史上最多の 2 塁打を打つ)/issue a franchise-record 10 walks in a game (球団記録となる 1 試合 10 四球を出す) 『ベースボール英和辞典』,209-210頁

win 名 ④(投手に記録される)勝利(《略》 W; ⇔ loss ②). 『ベースボール英和辞典』,408頁

strikeout 名 ②(投手が奪う)三振(記号 K;《略》 SO;= K ②; punchout): get twelve strikeouts in one game(1 試合で 12 三振を奪う) 『ベースボール英和辞典』,370頁

start 名 ② 先発登板: pick up one's first win in four starts(4 回先発して初めて勝利投手になる) 『ベースボール英和辞典』,365頁

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント