各球団史上、絶妙なバットスイングはこちら(6)

巧みなバットスイングを繰り出す選手を球団毎に紹介する記事からです。

Indians: Manny Ramirez, OF, RHH
Years with team: 1993-2000

The mid-to-late 1990s Indians teams were some of the best in franchise history, and one of the key pieces to those lineups was a young Ramirez. He placed second in the AL Rookie of the Year voting in 1994 and earned his first All-Star selection and Silver Slugger in ‘95 with an iconic right-handed swing that will be remembered for generations to come. Ramirez began his swing with his hands high above his head and finished with his one-handed follow-through in a swift, fluid motion. Once Ramirez reached the 1998 season, he hit his offensive prime, getting selected to 11 straight All-Star Games (three with Cleveland, eight with Boston). In 1999, he posted an AL-best 1.105 OPS and .663 slugging percentage with an MLB-leading 165 RBIs. He finished his eight-year stint with the Tribe after the 2000 season, hitting .313 with a .998 OPS, 236 homers and 804 RBIs. Watch Ramirez's swing >

インディアンス: マニー・ラミレス、外野手、右打者
球団在籍: 1993~2000年

1990年代半ばから後半のインディアンスのチームは球団史上に残る歴代最強チームに当てはまり、ラインナップの鍵となるピースが若きラミレスだった。後の世代まで記憶に残るその象徴的な右から繰り出すバットスイングで、1994年の新人王投票で2位となり、95年には初のオールスターに選出され、シルバースラッガー賞を受賞した。バットを持った両手を頭より高く上げてスイングが始まり、素早い滑らかな動きから片手のフォロースルーで終わる。1998年シーズンになると、その打撃は頂点を迎え11年連続のオールスターに選ばれた(インディアンスで3回、レッドソックスで8回)。1999年には、ア・リーグ最高のOPS1・105、長打率・663、大リーグ最多の165打点を記録した。2000年のシーズン後に8年間のインディアンス在籍を終え、この間に打率・313、OPS・998、236本塁打、804打点を叩き出した。ラミレスのスイングを見てみよう >

franchise 名 ②チーム,球団,《所属するマイナーリーグのチームも含めていう》: hit the most double in franchise history (球団史上最多の 2 塁打を打つ)/issue a franchise-record 10 walks in a game (球団記録となる 1 試合 10 四球を出す) 『ベースボール英和辞典』,209-210頁

lineup 名 ラインアップ 《打線と守備位置を示した出場(予定)選手;これを表にしたものは lineup card;⇒ starting lineup》: be in the lineup(先発メンバーに入っている;《一般用法》 参加予定になっている)/be out of the Giants' lineup(ジャイアンツの先発メンバーから外れている)/get back in the lineup(先発メンバーに復帰する)/have a good lineup(〔チームに〕優秀な先発メンバーがいる) 『ベースボール英和辞典』,265頁

Rookie of the Year Award 新人王 《各リーグの有資格者(⇒ rookie ②)の中から投票で選ばれたそれぞれ 1 選手に贈られる;1987 年に,最初(1947 年)の受賞者の名前にちなんで Jackie Robinson Award と改称された;⇒ 百科 12-(3)》. 『ベースボール英和辞典』,334頁

All-Star 形 オールスター(戦)の: be an All-Star selection 10 times(オールスターに 10 回選ばれる)/win ten games after the All-Star break(オールスター戦後 〔シーズン後半に〕 10 勝あげる) 『ベースボール英和辞典』,104頁

Silver Slugger Award シルバースラッガー賞 《両リーグを通じて各ポジション(投人はナショナルリーグのみ)で最高打率を残した選手を Louisville Slugger(バットの商標名)を製造している Hillerich & Bradsby Co. が表彰する》. 『ベースボール英和辞典』,353頁

swing 名 ② スイング: a missed swing(空振り)/take a hard swing at a pitch(投球を強振する) 『ベースボール英和辞典』,374頁

swing 名(投手・野手がボールを投げたあとの,または打者がスイングしたあとの)フォロースルー. 『ベースボール英和辞典』,205頁

Tribe 名 トライブ 《クリーブランド・インディアンスのニックネーム》. 《由来》 「北米先住民 (インディアン) の部族」 『ベースボール英和辞典』,392頁

hit 動 ④ 〔安打〕 を打つ;打率が...である: hit a single [triple](単打[3 塁打]を打つ)/hit (at) 0.310(3 割 1 分を打つ) 『ベースボール英和辞典』,233頁


homer 名 ①ホーマー,ホームラン. 『ベースボール英和辞典』,237頁

RBI ① run batted in の略.《参考》 複数形は RBI,RBIs,RBI's. 『ベースボール英和辞典』,326頁

run batted in 打点(《略》 RBI). 『ベースボール英和辞典』,336頁

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント