116年間破られない記録(5)

サイ・ヤングが1904年に達成した24イニング連続被安打0の記録に近づいた投手を紹介する記事からです。

2-T) Steve Busby, Royals: 16 innings
Dates: June 14-24, 1974

The list of pitchers who have thrown no-hitters in back-to-back seasons include many stars we’re all familiar with -- Ryan, Sandy Koufax, Jake Arrieta, Tim Lincecum and Warren Spahn, for example -- along with a few lesser-known names. Busby belongs to the latter category, though he was certainly making himself known to Kansas City fans in 1974.

Busby had struck out 174 batters and twirled a no-hitter as a rookie with the Royals the year prior, finishing third in AL Rookie of the Year voting. He was off to a less spectacular start entering June of his second campaign, but seemed to flip the switch right around the start of this streak. Busby went the distance in a win on June 14 in Detroit, retiring his last eight batters. Then he put himself into the record books in Milwaukee by authoring his second no-no in a span of 14 months while surrendering just one walk to the Brewers.



Busby then retired the first nine White Sox batters he faced and carried another no-hit bid into the sixth on June 24, and went on to finish 1974 with a career-best 22-14 mark. He would pitch just one more complete season, and though he became the first pitcher to successfully return to the diamond following rotator cuff surgery, his career was never the same.

2位タイ) スティーブ・バスビー、ロイヤルズ: 16イニング
日付: 1974年6月14日~24日

ノーヒッターを2季連続で達成した投手の一覧には馴染みのスター選手が多く含まれる。例えばノーラン・ライアンにサンディ・コーファックス、ジェイク・アリエッタ、ティム・リンスカム、ウォーレン・スパーンだ。これらの選手に加えて知名度が低い選手もいる。バスビーは1974年にカンザスシティーのファンにその名を知らしめたが後者のカテゴリーに属する。

その前年にバスビーはロイヤルズで新人として174奪三振にノーヒッターを記録したが、ア・リーグ新人王投票では3位に終わっていた。2年目に無難なスタートを切って6月に入っていたが、ちょうどそこから連続記録開始のスイッチが入ったように見えた。6月14日にデトロイトで完投し、最後の8人の打者を退けた。ミルウォーキーで行われた次戦でブリュワーズ相手に1四球しか許さず、14カ月をおいて2度目のノーヒッターを達成し自身の名を公式記録集に残した。

6月24日の次戦では初回から対戦したホワイトソックスの打者9人を抑え6回まで再びノーヒッターに挑んだ。この調子で1974年をキャリアハイの22勝14敗で終えた。しかしこの後は1シーズンしか投げなかった。肩の回旋筋腱板の手術に成功してグラウンドに復帰した初の投手となったが、それからの現役生活は以前と同様とはいかなかった。

no-hitter 名 無安打試合,ノーヒットゲーム,(= no-no;⇒ perfect game): throw one's third no-hitter(自己 3 度目の無安打試合を達成する) 『ベースボール英和辞典』,285頁

back-to-back 形 2 連続の: pitch back-to-back shutouts (2 連続完封を果たす)/back-to-back 40-steel seasons(2 季連続 40(以上)盗塁) 『ベースボール英和辞典』,113頁

strike out ② 〔打者〕 を三振させる(= fan ①;K ③): strike out three batters in a row (3 者連続三振を取る) 『ベースボール英和辞典』,370頁

twirl 動 〔投手がボール〕 を投げる. 『ベースボール英和辞典』,394頁

go the distance 完投する(= go the route). 『ベースボール英和辞典』,221頁

retire 動 ① 〔打者・走者〕 をアウトにする.退ける,(⇒ retire the side): retire the first seven batters (最初の 7 人の打者を退ける) 『ベースボール英和辞典』,330頁

batter 名 バッター,打者: a right-handed [left-handed] batter(右[左]打ちの打者) 『ベースボール英和辞典』,123頁

record book (リーグ,球団,選手の) 公式記録集 《record books として複数形で用いることが多い》. 『ベースボール英和辞典』,327頁

no-no = no-hitter 『ベースボール英和辞典』,286頁

surrender 動〔投手が安打・得点〕を許す;〔チームが得点〕を許す:surrender a double to Barry Bonds with the bases loaded(満塁でバリー・ボンズに 2 塁打を打たれる) 『ベースボール英和辞典』,373頁

walk 名 ①四球,フォアボール: a bases-loaded walk(押し出しのフォアボール)/draw [get] a walk(四球を得る)/allow [issue, yield] a walk(四球を与える)/a run on a bases-full walk(押し出しのフォアボールによる 1 点) 『ベースボール英和辞典』,402頁

no-hit 形 ①(試合の(一部)が)無安打の: a no-hit game(無安打試合) 『ベースボール英和辞典』,285頁

diamond 名 ①(野球場の)グラウンド全体: each position on the diamond(グラウンドの各ポジション;投手を除くすべてのポジション) 『ベースボール英和辞典』,178頁

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント