2020年シーズンが待ちきれない注目の球種

今期注目すべき球を放る投手に注目した記事からです。

Darvish already had two other curveballs -- a slow hook that clocked in under 70 mph, and a more standard model that sat around 75 mph. Then, he added this 80-mph spike curve, a weapon he hadn’t had since he underwent Tommy John surgery in 2015. Darvish messed around with a handful of knuckle curves against the Giants on Aug. 21, and then unleashed them in full force when he took the mound Sept. 7 in Milwaukee.

ダルビッシュは前から他に2つのカーブを持ち球にしていた。70マイル(約112キロ)を下回るスローカーブと、それよりは標準の75マイル(約120キロ)程のカーブだ。さらに、2015年にトミー・ジョン手術を受けて以来、持ち球にはなかった武器である、この80マイル(約128キロ)のナックルカーブを加えた。8月21日のジャイアンツ戦ではナックルカーブを数球使ってみる程度だったが、その後、9月7日のミルウォーキー戦に先発すると、全力で投げ込んだ。

curveball / curve ball 名 カーブ(= curve ①; Uncle Charlie; yellow hammer). 『ベースボール英和辞典』,171頁

curve ball 名 ①カーブ. 『ベースボール英和辞典』,239頁

knuckle curve ナックルカーブ《ナックルボールの握りで投げるカーブ;現在ヤンキースのマイク・ムッシーナが投げる》. 『ベースボール英和辞典』,257頁

take the mound 先発のマウンドに上る. 『ベースボール英和辞典』,379頁

※後程修正して再投稿します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント