キンブレルに対する動きが鈍い理由

いまだに契約先が決まらないキンブレル投手を分析した記事からです。



Kimbrel lost the zone

This might be the bigger problem. Kimbrel threw a lot fewer strikes last season.

In 2017, 51.0 percent of Kimbrel's pitches were in the strike zone, which put him in the top quarter of the league in terms of attacking the zone. He had the overpowering stuff to make it work: Hitters only made contact on 66.8 percent of their swings against Kimbrel's pitches inside the zone, the second-lowest in-zone contact rate in baseball.

But in 2018, Kimbrel's in-zone rate dropped all the way down to 43.4 percent -- ninth-lowest of 267 pitchers who threw at least 1,000 total pitches last year. That's a huge decrease: 7.6 percent, the largest decrease in zone rate among the 172 pitchers who threw at least 1,000 pitches in both '17 and '18.

制球の悪化

これはさらに深刻かもしれない。キンブレル投手は昨季ストライクが大幅に減少した。

2017年には、全投球のうち51・0%がストライクゾーンに入っていた。ストライクゾーンを攻める点においてリーグで上位1/4以内にランクされた。それを可能にする圧倒的な球種を備えていた。打者はストライクゾーンに入った投球をスイングして捉えたのは66・8%に過ぎなかった。

ところが2018年になると、ストライクに入る率が43・4%にまで落ちた。昨年最低でも計1000球投げた267人のなかで下から9番目の低い数値だった。7・6%下落し、17年と18年に最低1000イニング投げた172人のうち、ストライクゾーンのキープ率が最大の落ち込みだった。

zone = strike zone 『ベースボール英和辞典』,415頁

strike zone ストライクゾーン 《幅はホームプレートの幅;高さはボールを打つ瞬間の姿勢の打者の肩の上と,ユニフォームのズボンの上端の中間が上限.下限はひざ頭の下のくぼみ;strike area ということもある》.『ベースボール英和辞典』,371頁

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック