ヒックス、ヤンキースと7年契約延長

契約延長を勝ち取ったヤンキース・ヒックス選手の記事からです。



In announcing the deal, the Yankees provided a cornucopia of statistics and advanced metrics, which better illustrates Hicks' value than traditional measures like his .236 career batting average.

For example, Hicks has posted an .838 OPS with a .368 on-base percentage over the past two seasons. He is one of eight American League players to reach both of those marks with at least 200 games played, along with José Altuve, Mookie Betts, Alex Bregman, Aaron Judge, J.D. Martinez, Jose Ramirez and Mike Trout.

契約発表時に、ヤンキースは数多くの統計値と先進的メトリクスを提供した。そこには通算打率・236類いの伝統的計測値以上にヒックス選手の価値が解説されていた。

一例を挙げると、ヒックス選手は過去2シーズンでOPS・838、出塁率・368を記録した。最低200試合に出場して両記録に達したアメリカン・リーグ8選手の1人である。並んだのはホセ・アルテューベ、ムーキー・ベッツ、アレックス・ブレグマン、アーロン・ジャッジ、J.D.マルティネス、ホセ・ラミレス、マイク・トラウトである。

batting average 打率 《安打数を打数(at-bat)で割った数で,ふつう小数点以下 3 桁までの数字で表す》: have a 0.300 batting average(打率が 3 割である)『ベースボール英和辞典』,124頁

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック